1. TOP
  2. 50歳からの起業はリスク?成功する人と失敗する人の違いは?

50歳からの起業はリスク?成功する人と失敗する人の違いは?

成功事例
  151 Views

「50歳を過ぎて起業した場合のリスクとは?」

「50歳からの起業で成功する人と失敗する人の違いはどんなものなのか?」

「50歳からの起業で注意しなくてはいけないポイントは何?」

「50歳で起業する場合に成功しやすい職種とはどんなもの?」

 

年齢を重ねてきて、会社でのこの先が見えてきてしまうと、このままで終わってしまうのかと考えてしまいますよね。

そんな時に頭に浮かぶのが、起業です。

「まだまだ気力も体力もあるうちに、新しいことを始めたい」

「残りの人生をもっと充実したものにしたい」

でも、背負うリスクが心配で、躊躇してしまっている場合も多いでしょう。

そこで今回は、50歳からの起業で失敗しないためのポイントや、どんなリスクがあるのかについて、詳しくご紹介していきます。

ぜひ参考にして、この先の事を考える時の参考にして下さいね。

 

50歳を過ぎて起業した場合のリスクとは?

Original update by : ぱくたそ

 

50歳からの起業を考える時、考えなければならないリスクには、次のようなものがあります。

  • 経済的に大きな負担を背負うと危険
  • 自分で仕事を作らなければならない
  • 全てを自分でしなければならない
  • 思い付きだけでは危険

 

経済的に大きな負担を背負うと危険

年齢的にも、経済的なリスクを背負うと、老後に大きく影響してきます。

ですので、借金をしてまで始める起業の場合は、注意しなければいけません

まずは、手持ちの資金でまかなえる範囲から始める方が安全です。

 

自分で仕事を作らなければならない

サラリーマン時代は、上から与えられる仕事で動いてきましたが、起業すると仕事は自分で作らなければなりません

今までのやり方では、仕事がなくなってしまうこともあります。

今まで通りの感覚で起業をすると、資金が底をつく可能性があるので注意が必要です。

 

全てを自分でしなければならない

起業すると、当然ですが全てを自分ですることになります。

会社時代なら、他の人がしてくれていた経理や書類づくりなども、自分でしなければいけなくなるのです。

また、経費も会社のお金なので自由に使えていたものが、自分で仕事をする場合には制限をしなければならなくなります。

会計面も自分で管理をしなければならないという点に注意しましょう。

 

思い付きだけでは危険

いいアイデアを思い付いたとしても、それが本当にニーズのあるものなのかを、しっかりと調査することも必要です。

思いつきだけで動いてしまうと、失敗に繋がりかねません。

常に市場を意識して、「絶対売れるはず」と過信しないことです。

小さく始めてテストを繰り返しながら、規模を大きくしていくのがセオリーになります。

 

50歳からの起業で成功する人と失敗する人の違いはどんなものなのか?

50歳からの起業で、成功する人とはどんな人なのでしょうか。

  • 自分が経験した職種での起業をしている
  • 周囲に協力を惜しまず、助けを借りることもある
  • 自分の意見は曲げない

 

自分が経験した職種での起業をしている

やはり、未経験の職種よりも、自分の経験を生かした職種の方が、成功は近くなります。

ノウハウも知識も豊富にあり、またこれまでの人脈も活かせるからです。

不測の事態にも、十分に対応できます。

 

周囲に協力を惜しまず、助けを借りることもある

起業というと、自分が代表者となって率いていくイメージが強いですが、そうなると独断専行におちいりやすくなります。

全てを一人で背負いこむのではなく、周りに協力を求め、また自身も周囲への協力を惜しまないでいれば、大きな成果を上げることに繋がります。

成功している人は、チームワークを大切にしています。

 

自分の意見は曲げない

起業するには、自分の中での意見をしっかりと持っておく必要があります。

成功した人たちは、この意見を曲げることはありません

起業者の考えがぶれていては、仕事も迷走してしまいます。

人の意見も受け入れつつ、芯はしっかりと持ち続ける人が、成功しているのです。

 

反対に、失敗する人たちの特徴は、

  • 未経験の業種である
  • 本当に自分がやりたいことで起業していない
  • 過去の実績や肩書にこだわってしまう
  • 人の意見を聞かない

などがあります。

 

未経験の業種である

未経験の業種の中でも、特に飲食業は失敗する確率が高くなります

脱サラをして飲食店を開く、というパターンはとても多いのですが、

  • 家賃
  • 仕入れ
  • 客数
  • 人件費

など、未経験者には難しい要素がたくさんあるので、ハードルが高くなるのです。

 

本当に自分がやりたいことで起業していない

自分が本当にやりたいことが別にあるのに、違うことで起業してしまうと、成功する確率も下がってしまいます。

やりたいことでなければ、やる気も起こりませんし、業績を伸ばそうとする努力も続かなくなってしまうのです。

 

過去の実績や肩書にこだわってしまう

また、過去の実績や肩書にとらわれていると、現実をきちんと見ることができません。

会社を辞めてしまったら、実績も肩書も過去のものとなるのです。

それにこだわっていては、成功するものもしなくなってしまいます。

 

人の意見を聞かない

人の意見を聞かない人は、独りよがりになってしまいがちです。

もし、間違った方向に行ってしまっても、人の意見を聞けないと、軌道修正が難しくなってしまいます

まずは、顧客がどう思っているのか、それに耳を傾けることが大切です。

 

起業する際に、注意すべきポイントをしっかりおさえておけば、失敗のリスクは下がります。

 

50歳からの起業で注意しなくてはいけないポイントとは何?

Original update by : ぱくたそ

 

起業するにあたり、注意すべきポイントは次の4点です。

 

サラリーマン時代から準備を始めておく

退職してからいきなり起業するのは、とても危険です。

サラリーマン時代から、準備を始めておく方が安心できます。

  • 副業としてみる
  • 週末だけやる

などのように、試してみることも大切です。

 

資金として自己資金を全部使ってしまわない

自己資金をすべて使いきってしまうと、いざという時にとても困ります。

できるだけ、初期投資は低めに設定しておきましょう。

しばらくは利益が出ない事も考えて、回収できなくても困らないくらいは残しておくことをおすすめします。

 

固定費を低くする

人件費や家賃などは、売り上げが増えても減っても、必ず発生するものです。

これらの固定費を高く設定すると、売り上げが少ない時に大きな負担となってしまいます。

 

在庫を抱えるのは控える

在庫の量が多いのに、商品が少しも売れないと、負担は大きくなってしまいます。

在庫を置く場所代もかかってきます。

最初はなるべく、在庫は抱えない方向での起業を考えましょう。

 

これらのポイントをもとに、起業についてしっかり計画を立てていきましょう。

 

50歳で起業する場合に成功しやすい職種とはどんなもの?

起業で成功するには、どんな職種を選べばいいのでしょうか。

成功しやすい職種には、次のような特徴があります。

 

販路が確保されていること

販路の確保は、起業するうえでとても重要です。

 

他社との差別化ができる余地が大きい

競合する他社があっても、一つの市場の中でそれぞれ差別化ができれば、成功のチャンスにもつながります。

 

市場の規模が大きい

飲食業やIT業界などのように、市場の規模が大きいと、新しく参入しても成功できる余地があります

 

ノウハウや経験を活かせる

未経験の業種よりは、経験のある業種の方が成功しやすくなります。

 

生活に密着した分野

趣味性の高い分野よりも、生活に密着している方が、安定しているので成功しやすいと言えます。

 

固定費が少ない

注意すべきポイントでも述べましたが、固定費が少ないほど、負担は減ります

 

最初は副業からできる

いきなり独立するよりも、副業としてある程度経験してからの方が、リスクは少なくて済みます。

 

以上の点をふまえて、起業のリスクが少ない職種とは、次のようなものです。

 

家業を継ぐ

既に取引先等が確定しているので、すぐに開拓する必要がない。

設備も整っている

 

フランチャイズビジネスのオーナー

開業に必要な初期費用が用意できれば、始められる。

家族の協力が必要

コンビニや飲食店、学習塾などがある。

 

ITエンジニア

人を雇う余裕がなくても、フリーランスとして個人で始めることもできる。

需要が多い。

 

インターネットを利用するビジネス

ブログを書いたり、物販やネットオークションなどで稼ぐ方法です。

自分の空いている時間を使ってできるので、副業としている人も多くいます。

どれも、初期費用は抑えられますし、それぞれにメリットも大きいです。

リスクや利点をよく考えたうえで、自分の状況に合った職種を選ぶようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

50歳からの起業は、リスクが高いと二の足を踏んでしまうかもしれませんが、きちんとポイントを押さえれば、決して不可能ではないのです。

 

  • 経済的に不安定などのリスクを、きちんと知っておく
  • 成功している人は経験を生かしたり、周りと助け合ったりしており、失敗してしまう人は過去にこだわってしまうなど、それぞれに共通点がある
  • 起業するにあたっての注意点は、早めに準備をしておいたり、費用を抑えるなど、4つある
  • 起業に成功しやすい職種とは、低いリスクで始められるなどの特徴があるので、しっかりと押さえておく

 

起業するということは、新しいチャレンジです。

今の自分の状況を冷静に見極め、起業のリスクや利点について、しっかりと調べておけば、失敗のリスクも減ります

新しい世界に挑戦するのは、相応の覚悟が必要ですが、出来るだけリスクを減らしておけば、成功への道は見えてくるはずです。

\ SNSでシェアしよう! /

ザ・リードビジネス|起業成功のための情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ザ・リードビジネス|起業成功のための情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

リービズ編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • LINEの企業アカウントの費用と開設方法とは?分かりやすく作り方を解説!

  • LINEの企業アカウントの削除方法とは?分かりやすく手順を解説!

  • 50歳からの起業はリスク?成功する人と失敗する人の違いは?

  • メルマガの開封率を測定するには?開封率からどう改善をしていくの?